読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Robit blog

株式会社ロビットの公式ブログです

全 mornin’ ユーザーに捧ぐ!気になるアレへの対処法5選+α

f:id:robit-inc:20170227231712j:plain

こんにちは、ロビットの河北です。 

mornin’ライフ、していますか?

夏に比べて日差しは弱めですが、朝起きるには依然効果的ですね。

ですがmornin’を使っていると気になる部分も出てきます。

 

そこで今回はそんな部分に対して、私が実際に使っているテクニックを公開したいと思います。

iOSAndroid版アプリでは画面や機能が一部異なります。今回の記事はiOS版 v1.2.3を基にしています。



1.時刻がズレてきた 

 

  • 初めのうちはタイマーで設定した時間丁度に動いていたのに、長く使っていると少し時間がズレてきた。
  • 2台のmornin’の開閉タイミングが合わなくなってきた。

そんなこと、ありませんか?

mornin’は本体内部に時計機能を持っています。ですが一般的な時計と同様に、少しずつですが時刻に誤差が生じてしまいます。

 

f:id:robit-inc:20170227231226p:plain

ではこの時刻はどうすれば修正できるのでしょうか。

 

実はアプリでmornin’本体と接続したときに自動で更新されています。

そのため、タイマーの時刻のズレが気になってきたら一度アプリでmornin’と接続すると解決するかもしれません。

 

 

2.電池交換のタイミングが分からない

 

電池残量が少なくなってくると、mornin’のパワーや速度が落ちたり、本体システムやアプリとの通信が不安定になってしまいます。

そのため、残量が少なくなってきたら電池交換する必要がありますが、交換するタイミングはどう見極めれば良いのでしょうか。

 

Mornin’の電池残量は「mornin’の管理」から対象のmornin’を選択すると表示されます。

f:id:robit-inc:20170227231316p:plain

電池残量の表示は3段階

 

ですが毎回全てのmorin’の電池残量を確認するのは大変ですよね。

ご安心ください。mornin’アプリでは電池交換が必要なタイミングになったら、アプリ上にぴょこっと表示されます。

ただ普通に使って、mornin’と接続するだけです。

f:id:robit-inc:20170227231349p:plain

気づかずにはいられない

 

ちなみに我が家のmornin’は購入から7ヶ月間毎日開閉していますが、まだまだ電池交換の必要はなさそうです。しぶとい長寿命ですね。



3.マグネットが邪魔をする

 

  • マグネットの磁力が強くてカーテンが開かなかい
  • 仕方なくパワーを上げるもマグネットが離れたときのパチンという音が気になる

 

片側にだけmornin’を取り付けている場合はもっと悲惨です。

 

  • マグネットの磁力で引かれる反対側のカーテン
  • 伸び切って取り残された反対側のカーテン

 

そう、mornin’にとってカーテンのマグネットは非常に厄介な存在です。

なのでマグネットがくっつかないようにしちゃいましょう。

カーテンフックを取り付ける穴が複数あるマグネット付きランナーは1番外側の穴を使います

f:id:robit-inc:20170227231439j:plain

 

これだけでマグネットがくっつきにくくなり、小さいパワーでも開閉できるようになります。

もしマグネットの位置を変更できないタイプでも、マグネットにテープなどを貼るだけで離れ易くなります。

f:id:robit-inc:20170227231533j:plain

マスキングテープなど糊残りの少ないタイプがオススメ



4.カーテンが開きにくい / 開きにくくなってきた

 

カーテンランナーに余剰があり、余剰ランナーがmornin’の設置されている側にある場合、このランナーが引っかかってmornin’の動作を阻害する可能性があります。

余剰ランナーがmornin’と反対側の端にくるようカーテンフックをずらしてください。

f:id:robit-inc:20170227231627j:plain

端にやるべし慈悲はない

また、カーテンが開ききらなくなってきた場合には、電池が目減りしている可能性がありますので、電池残量警告表示の有無にかかわらず電池交換することをおすすめします。

なお、電池を交換した際にも時刻がズレてしまうので、一度接続して時刻の修正を行いましょう。

その他の条件や対応については[公式のFAQ](http://mornin.jp/support/faq/#top)をご確認ください。


5. 1ヒダ分開ききらない

 

mornin’でカーテンを開けた場合、設置場所の都合によりプリーツの1ヒダ分は開ききりません。

この状態でも特段問題は無いですが、日光的にも見栄え的にも、できるだけ開けられるようにしましょう。

 

用意するのは輪ゴム1本。

方法も簡単で、カーテンの端のフックとmornin’を輪ゴムで留めるだけ。

たったこれだけでフックがmornin’に追従するようになり、今まで以上にカーテンが開きます。

f:id:robit-inc:20170227231712j:plain

君と私は一心同体だ

 

ちなみに輪ゴムは劣化して切れたり溶けたりすることがあるので、気になるなら紐でも代用できます。



+α. mornin’と一緒に過ごしたい

 

mornin’はカーテンの裏に取り付けるように設計されています。

ですが実はカーテンの表に取り付けることができちゃいます。

フックの高さを調整して、端のヒダを押し込む形で取り付ければ完了です。

これでデコレーションしたり、アクセサリーを付けて楽しむこともできますね。

 

f:id:robit-inc:20170227231741j:plain

1番レーンを走るmornin’

 

自動で開閉する未来感もいいですが、表からロボットが開閉するのも健気でかわいい...!

 

更に、mornin’と一緒に過ごして(表に取り付けて)いると実用的なメリットもあります。

mornin’は設置すると手でカーテンを開閉できなくなるのでアプリのリモコンを使うことになりますが、スマホが手元にないときもあります。

そんなときでもmornin’を取り外してカーテンを開け、再度取り付けることが非常に簡単にできるのです。

慣れれば片手でも数秒で開けることができるので、カーテンを開閉する機会が多くても安心です。

※mornin’の取り付け・取り外しは落下や転倒による怪我、破損などのリスクがありますので十分注意して行ってください。



以上、5選+αでした。

皆さんも自分なりの使い方を見つけてみてくださいね。

良きmornin’ライフを!

 

購入(amazon)はこちら
> ロビットのWebサイトへ
> 採用情報はこちら